いつも清潔で安全な環境にキッチン清掃10の手順

私達の食生活に欠かせない大切な部屋キッチン、料理を作るために必要な食材や器具が揃っています。しかし清掃や整理が行き届いていないと、生命も左右する危険な場所となってしまいます。例えば食材や衛生の管理ができていないとどんな事態になりますか?食中毒の発生のリスクが高まったり、害虫の発生も考えられます、また適切な場所に調理器具や機器を管理しないとどうなりますか?調理器具による怪我や火災の原因にもなります。また濡れた床や油で汚れた床は転倒のリスクもあります。このように清掃や整理が行き届いていないと、大切な自宅のキッチンが危険な場所になってしまう可能性があります。ですから清掃は安全確保のために非常に重要です。しかしキッチンにはたくさんの物や家電備え付けてあり、頑固な油汚れ、食材から出るゴミ、こびりつき、水アカ…と、汚れもさまざま。清潔が重要とわかっていても。おそうじ前からげんなり…という人も多いのではないでしょうか?

キッチンのお掃除の手順

そんな厄介なキッチンのお掃除に役立つプロも行う手順をご紹介します。

以下はキッチン清掃の基本的な手順です参考下さい。

①使い捨て手袋やエプロンを着用する。身体や手を保護するために使い捨ての手袋やエプロンがあると良いかもしれません。
②表面の掃除カウンタートップ、テーブル、調理器具などの表面を掃除する。食べ物の残りカスやこびりついた汚れを拭き取る。
③調理器具の清掃調理器具や包丁、まな板などを洗浄する。油汚れがあれば、専用の洗剤を使用して取り除く。
④キッチン機器の掃除電子レンジ、オーブン、トースターなどの機器を内部と外部から清掃する。フィルターやトレイなど、取り外し可能な部品は外して洗浄する。
⑤冷蔵庫と冷凍庫の清掃冷蔵庫内を確認して、期限切れの食品を捨てる。さらに冷蔵庫の棚や引き出しを取り外して洗浄し、庫内も拭き掃除する。
⑥床の清掃キッチン床を掃除機で掃除し、その後モップで拭く。床の油汚れは転倒のリスクもあります。思わぬ事故を避けるためにも、隅々まで注意深く清掃することをお勧めします。
⑦ゴミ処理ゴミ袋を交換し、ゴミ箱を洗浄する。ゴミ箱をいっぱいにしていると、ハエやゴキブリや他の害虫の発生が高くなります。分別が必要な場合は、適切に分別して廃棄する。
⑧排水口の清掃キッチンシンクの排水口を掃除し、詰まりを防ぐ。ぬめりなどは専用の洗剤を使用するといいでしょう。
⑨スプレーまたは消毒剤の使用キッチンの表面や取り扱いの難しい箇所に、適切な消毒剤や洗浄剤を使用して清掃する。
⑩定期的な深い清掃衛生的なキッチンを維持するには定普段から期的に冷蔵庫やオーブンなどの製品の奥や隅々を掃除し、細かい部分まで手を入れる

それでも落ちない頑固な油汚れなどはプロにお任せください。

頑固な油汚れはダスキンのキッチンクリーニングで細部まで綺麗に

ダスキンでは頑固な油汚れを材質に合わせた専用の洗剤や機材を使ってキレイに洗浄します。キッチン特有の焦げ付きや,ぬめりや頑固な油汚れなどを専用の機材薬剤を使用しご要望に応じて清掃します。またキッチンのガスレンジやシンク・戸棚シンクの収納スペースの表面・床・壁など、お手入れが必要な場所をご要望に応じてクリーニング。見落としがちな細かい場所も残さず洗浄します。綺麗で安全なキッチンはキッチンに立つのが楽しくなって、お料理もはかどりそうです。

気になる料金は以下に

お掃除箇所一覧、収納庫表面、流し台上の照明(天井照明は除く)スイッチプレート、加熱調理器具(魚焼きグリルは除く)調理台、流し台、排水口、ゴミ受け、蛇口、流し台全面(窓、内窓)、レンジフード表面、床・幅木

標準料金18700(税込) 対象条件 一ヶ所間口3m未満(間口、加熱調理機器、調理台、流し台の合計幅)

上記の標準料金に加えてキッチンクリーニングオプション

キッチン排水口クリーニング一ヶ所1760円((税込)
(排水管の詰まりの除去ではありません)
小型電化製品表面クリーニング2310円(税込)(電子レンジ、炊飯器、コーヒーメーカー、トースター、ポットなど)
 
魚焼きグリルクリーニング(皿、網のみ)一ヶ所2310円(税込)
 
食洗器、乾燥機クリーニング(ビルトイン)一台ごと3520円(税込)
食器洗い乾燥機クリーニング(卓上)卓上一台4620円
 
食器棚、冷蔵庫表面クリーニング幅1mごと2310円(税込)
※上記料金でのご利用は条件があります。一度ご相談ください。

関連記事

TOP